東京での医歯薬学

田舎にはない物でも、都会へ行けばたくさんあります。昔はそういわれて「金の卵」とも呼ばれる田舎からの労働者などが、こぞって都会を目指していきました。今の時代、東京と地方でそんなに地域格差はなくなってきたものの、それでもやはり東京にあって田舎にないものはたくさんあります。雪国地方などの農家の人達が東京を出稼ぎの地に選ぶのには、そういった魅力があるからです。
医歯薬学の世界でも、東京の医歯薬学と田舎の医歯薬学は同じ様に思えますが、やはり研究設備や通信機器などは東京のほうが最先端のものが整っています。そのようなことから、最新の医歯薬学の技術や知識を学びたいとお考えの方は、地方より東京のほうが向いているよいうです。東京には、東京大学医学部・歯学部・薬学部医などがあるほか、多くの大きな医科大学・歯科大学・薬科大学などがそろっています。また、日本でも最大級の大学病院などもあり、医歯薬学を学ぶには最高の環境にあります。それだけに、腕rのいい医師や歯科医師、薬剤師たちが東京から誕生するのもうなずける話です。
また、医師や歯科医師、薬剤師にならずとも医歯薬学にはその他の職種もあります。医療事務・医療秘書・歯科衛生士・薬局などの登録販売員などです。そういった職種の人材を養成する専門学校として、日本医歯薬専門学校や東京医薬千問学校などもあります。このため、医師や歯科医師、薬剤師のみならず、医歯薬学を専門的に学びたい人達にとって東京はあこがれの地ともいうことができます。